整体学校の選び方・基準


整体学校の選び方・基準

 その整体学校で卒業した人は実績を出しているか?

 

 講師は実績を出してきた人か?医学用語などの説明はうまいか?

 

 直営店(付属院)を持っているか?

 

 経営のノウハウを持っているか?

 

 

などをチェックするといいでしょう。

 

 

ただし、あくまでも基準です。

 

「あの学校に行ったから大丈夫」「技術も習得できる」「卒業後も安心」というのはありません。

 

あくまでも一人前の整体師になるためには
当たり前ですが「自分自身の努力」が必要です。

 

整体師は独立開業を目指す方が多いですが
独立開業するということは一人の経営者ということにもなります。

 

経営者になるべき人が他力本願の受け身姿勢では
必ず思いどうりの結果にはならないでしょう。

 

 

整体を学べるスクールや通信講座をチェックしたい方は、リクルートが運営する「ビューティ資格ナビ」「ケイコとマナブ.net」で費用やカリキュラムなど比較できます。

 

また資料・パンフレットも何個取寄せても無料ですので、興味ある方は遠慮なく手元に取寄せてみて、まずは整体について情報収集されるとよいです。

スポンサード リンク